YouTubeで見たくない動画(チャンネル)を表示させない方法

  • 2017.01.09
  • Web
YouTubeで見たくない動画(チャンネル)を表示させない方法

youtube01

YouTubeではトップページに「あなたへのおすすめ」が大きく表示されます。自分が見た動画と同じジャンルのものが表示されるとはいえ、中には見たくないものも含まれます。サムネイルの画像でさえ、不快感を感じる様な動画もありますよね。

1回や2回で「あなたへのおすすめ」から消えてくれればいいのですが、中には何日経っても執拗なまでに表示される物も。「またこいつか」とストレスを溜めるよりも、そのユーザー自体を表示されない様にしてしまいましょう。

ブラウザのアドオンでユーザーを簡単にブロック可能

「Video Blocker」というアドオンで、Firefox、Google Chromeどちらでも使えます。その他のブラウザはちょっと判りません。

Video Blockerをインストールしたら、ブロックしたい動画のサムネイル上で右クリックします。

youtub_block00

すると、右クリックメニューにBlock videos from this channelと出るのでクリック。確認メッセージなどは出ず、もうこのユーザーの動画は表示されなくなります。

選んだ動画のみだけでなく、そのユーザーのチャンネル自体が表示されなくなるので、その点は注意です。

チャンネル名で検索しても表示されず

登録後は、おすすめは勿論、検索でも表示されなくなります。関連のワードだけでなく、チャンネル名自体を検索しても表示はされません。

ちょっとした例外は、他の人が動画名などにそのブロックした人のチャンネル名を入れてたりすると、その名は表示されます。

youtub_block01

これは「[ブロックしたチャンネル名]コラボ」というタイトルの動画です。ユーザー名の文字列でブロックしてるのではなく、あくまでチャンネル単位でという事です。

※撮影用に丁度良かったのでブロックしただけで、このチャンネルさんに不快感があった訳ではありません。

ブロックの解除も簡単

ブロックの登録と同様に、解除も簡単で一瞬です。解除はメニューバーに追加されている、Video Blockerのアイコンをクリック。

youtub_block02

ブロックしているチャンネル一覧が表示されます。解除したいチャンネル名の右にある「×」をクリックするだけです。

Video Blockerは、面倒な設定も必要なく、インストールしたらそのまま使えます。不快なチャンネルは我慢しないで、ササッとブロックしてしまいましょう。

error: Content is protected !!