蒼き革命のヴァルキュリア 体験版の感想

蒼き革命のヴァルキュリア 体験版の感想

蒼き革命のヴァルキュリア 序章体験版_20161223160359

PS4版蒼き革命のヴァルキュリアの体験版が、12/22に配信されたので早速遊んでみました。戦場のヴァルキュリアシリーズは1~3までプレイ済みで、今作も楽しみにしていました。

PS4版 蒼き革命のヴァルキュリア 体験版

グラフィック

まず最初に目を引いたのはグラフィックです。初代戦ヴァルは水彩画の様なグラフィックが印象的でしたが、こちらは少し違った感じ。今作用に新しく作ったグラフィック表現「GOUACHE」というもので、「絵画的」だそうです。なるほど、確かにそんな感じがします。

キャラクター

キャラは美男美女ばかり。この辺は好みの問題でしょうか。ストーリーが進めば違った感じの仲間も増えるのかもしれません。

気になるのは、ほとんど表情が動かない事。この体験版はドラマシーンを見せられるだけの時間が多かったのですが、それにも関わらず表情乏しいのは残念です。目と口しか動きません。

起用されている声優さんは、小野大輔 早見沙織 坂本真綾 神谷浩史 梶裕貴 櫻井孝宏 沢城みゆきなど有名な人が多いです。

蒼き革命のヴァルキュリア 序章体験版_20161223161234

とりあえず最初の印象としては、主人公はスカしたイケメン、ヒロインはポンコツ王女。当然、ストーリーが進めば印象は良くなると思われます。たぶん。

あと、序章ではヴァルキュリアは登場しませんでした。

v01

これが今作のヴァルキュリア、ブリュンヒルデ。セルベリアさんに似ていますね。大きさとか・・・。

ゲームシステム

これが戦ヴァルとは全く違いました。完全にアクションRPGに寄せてきています。ただ、アクション性は弱く、緊張感はありません。魔法の様な技や、銃を使う時はパレットを開くのですが、その間は時間停止してるのでのんびりしたもんです。

蒼き革命のヴァルキュリア 序章体験版_20161223162040

技や銃を使わないで、〇ボタンの通常攻撃連打でも進めますが、さすがにこれは序章だからでしょう。どんなゲームでも序盤は簡単ですからね。ガードや回避といったアクションもあるので、進むにつれて必要になってくるのでしょう。残念な事にこの体験版では、ちょっとしか戦闘させて貰えません。ほとんどドラマ見てるだけ。

ちなみに操作するのは1体で、仲間はある程度勝手に動きます。プレーヤーが土嚢に隠れてるのに、敵に一直線に向かっていったり。

ですが、大雑把な思考パターンは設定出来ますし、直接指示をする事も可能です。序章では4人1組で動くのですが、上下キーで操作キャラ切り替えられます。体験版ではこの辺説明してくれないので、ネットでは勝手に動く味方に苛立つ人も多いみたいです。

魔法の様な攻撃

蒼き革命のヴァルキュリア 序章体験版_20161223162400

武器の通常攻撃、銃、グレネードのようなアイテムの他に、魔法のような攻撃も有ります。この体験版で遊べる戦闘においては、銃よりも重要な攻撃手段なのかも?と感じました。と言うのも、弾薬少なくてあまり銃撃てないんですよね。土嚢に隠れて銃を撃つゲームではないのかもしれません。

SF+ファンタジーのアクションRPGといった印象。

ストーリー

ストーリーは、個人的には掴みは良いと思います。先が気になる感じで序章は終わります。

ただ、開始直後なので仕方ないのかもしれませんが、序章はドラマを眺めてるだけの時間が大半でした。合間にセーブが出来ればいいんですが、無理な模様。連続でイベントシーンが続くと結構げんなりしますね。

発売日はPS4版・vita版ともに2017年1月19日

公式ツイッター見たところ、すでにマスターアップ済みだそうです。発売までに何か変わる事は無いですね。

 

蒼き革命のヴァルキュリア 序章体験版_20161223160540

敵さん、ちょっとスターウォーズっぽい。

まとめ

この体験版では殆ど戦闘出来ません。〇ボタン連打で終わってしまうという感想をネットで多く見ました。実際その通りでした。ですが、キャラへの指示や切り替えなど、出来る事を教えてくれないので、単調に感じる人が多いのだと思います。私は物足りなかったので、最初からやり直してたら気づきました。

ただ、それを別にしても「戦場のヴァルキュリア」としての面白さはほぼ無いかなーと思います。全くの別物として見れれば、わりと面白いのかもしれません。

ただ、面白くなるかどうかは別にして、この「蒼き革命のヴァルキュリア」にはどうにも我慢出来ない部分が2点ありました。

不満点1.イベントシーンでセリフを送れない

一般的なRPGでは、セリフはボタン押せば次に進みますよね。ですが、蒼き革命のヴァルキュリアではどのボタンでも出来ません。ボイスが全て読み上げられるまで、ずっと眺めてなくてはいけません。一応、optionsボタンを押せば場面をスキップ出来ますが、まるごと飛ぶので話が判らなくなります。

また、次のセリフには自動で進んでしまうので、逆にじっくり読みたい時にも不親切。

不満点2.序章だけとはいえ途中でセーブ不可

この体験版は1時間程度のボリュームです。セーブ画面はその最後に出ました。気づかなかっただけで、実際は出来るのかな?と思いました。

ですが、最初からやり直してみましたが、途中でセーブ出来る場面は一切ありませんでした。

メニューその他はよく確認しましたし、ショートカットがないかボタン全部押してみたり。とりあえず、序章終わるまではセーブ不可という結論に達しました。

イベントシーンが強制的に流れていくのと併せてこの仕様は厳しいですね。さすがに本編始まったら違うのだろうとは思いますが。

 

最初は戦ヴァルと別物に考えれば有り、と思いました。ですがこの2点の不満が大きかったので、私はとりあえず発売時はスルーする事にしました。期待してたので残念。

error: Content is protected !!